MEDICINE

MEDICINEお薬について

お薬の基本

健康管理に欠かせない、お薬。
治療や予防を目的とするものですが、場合によっては良くない影響を及ぼすことがあります。
だからこそ、正しい知識を身につけ、上手につき合いたいものです。

  • お薬の種類

  • お薬には、それぞれの用途や目的に合わせて、
    いろいろな種類があります。

    • 内用薬

      • 粉薬(散剤・顆粒剤・ドライシロップ)
      • 錠剤
      • カプセル剤
      • シロップ剤 など
    • 外用薬

      • 軟膏・クリーム
      • 貼り薬
      • 点眼薬・点鼻・点耳
      • 吸入薬、坐剤 など
    • 注射薬

      • インスリン など

調剤の一例

  • 医師の処方に応じて、2種類以上の軟膏を混ぜる場合は、軟膏板とへらを使って混ぜています。

  • 液体のお薬の場合は、必要量を量ってから2種類以上を混ぜることもあります。

  • 粉薬は量った後に自動分包機にセットし、1回分ずつに分けて包装します。

  • 正しい飲み方

  • お薬を、安全かつ効果的に使用するには、
    正しい用法用量を守ることが大切です

      • 決められた用量を守ります。
        自己判断で量を増やしたり減らしたりするのは避けましょう。
    • 方法

      • 飲み薬はコップ1杯の水、または、ぬるま湯でのむのが原則。
        薬に合った飲み方を
        守りましょう。
    • 期間

      • 治ってきたからと自己判断で服用を中止するのはやめましょう。
        指示された期間は飲み続けます。
        服用を中止したいときは、必ず医師・薬剤師にご相談下さい。
  • 飲み合わせ

    • 一緒に飲んではいけないお薬、食べ合わせがよくない飲食物・嗜好品などがあります。
      次のような方は医師・薬剤師にお伝えください。
      • ○ 複数の医療機関から処方されたお薬を服用している方
      • ○ 一般用医療品(市販薬)や健康食品・サプリメントを利用している方
  • お薬の効き方

  • 飲み合わせ以外にも、お薬の効き方は年齢・体重・生活習慣、さらに過去の病歴などが複合的に関係しています。私たちが、初めてご来局された患者さまにご質問をしたり、お身体の状態をお聞きするのは、そのためです。

次のような方は、医師・薬剤師にご相談ください。

  • ○ 妊娠中・授乳中の方
  • ○ 飲酒量が多い方
  • ○ 治療中の疾患がある方・過去に疾患があった方
  • ○ 喫煙される方
  • ○ 副作用の経験やアレルギーがある方
  • ○ クルマやバイクを運転される
  • 〇 市販薬や健康食品・サプリメント
    を服用している方

※上記以外に注意が必要なこともあります。医師・薬剤師に相談して安全にお薬を服用しましょう。