社員紹介INTERVIEW

About Nanohana

INTERVIEW

積極性を評価し、一人ひとりの思いをくみ取ってくれる環境

2017年入社 帝京大学卒業

荒川 夏織 Kaori Arakawa

大学5年次の実務実習で訪問診療を行う医師に同行した経験から在宅医療に興味を持ちました。そんな中、就職活動中に参加した説明会でなの花薬局が在宅訪問の歴史が長いことや薬剤師として幅広い経験を積める環境があることを知り、在宅訪問のパイオニアであるなの花薬局を選びました。また、店舗に見学に行った時の職場の雰囲気の良さも決め手の一つでした。

希望通り、入社後は在宅訪問がメインの店舗に配属。先輩が担当する高齢者施設や個人宅訪問を多数経験し、求められるスキルを間近で学びました。入社2年目では在宅医療の質を上げる社内チームである「在宅委員会」に参加したいと上司に相談したところ、喜んで背中を押してくれ、最年少でメンバーになることができました。そのことから、積極性を評価し、一人ひとりの思いを汲み取ってくれる環境があると改めて感じました。

現在は薬局長として店舗のマネジメントを行いながら、外来業務や新人指導を行う傍ら、在宅委員会での症例検討をもとに学会発表なども行っています。また、1年目・2年目の薬剤師の研究や学会発表を支援するチームにも入り、後輩薬剤師の教育に専念するキャリアチェンジも視野に入れています。
当面の目標は、一人前の薬局長になること。店舗で働くスタッフ一人ひとりの思いをくみ取って信頼関係を築くことから始め、私なりの薬局長像を目指して努力していきたいです。

ほかの社員のインタビュー

Learn More

ENTRYエントリーはこちら