社員紹介INTERVIEW

About Nanohana

INTERVIEW

薬剤師が必要とされる地域で貢献したい。
将来はジェネラリストとプロフェッショナルに。

2018年入社 名城大学(愛知県)卒業

浮貝 真子 Mako Ukigai

患者さまの治療に継続して関わりたいと思ったことが調剤薬局を選んだ理由でした。特に在宅医療に力を入れているなの花薬局に魅力を感じ、薬剤師が必要とされている地域で貢献したいと思い広域勤務を志望しました。自分の知らない土地だからこそ学ぶことも多く、在宅医療や地域に密着して勤務する先輩薬剤師の下で様々な経験ができることが一番の魅力だと感じています。

主に店舗業務を行っていますが、現在は、他店舗への研修にも行き、自店舗では扱わない薬剤について勉強できています。また、教育委員会のメンバーとなり、研修の内容を検討する会議の出席や講義の補佐を行っています。チャレンジしたいと声を上げた時には何事にもチャレンジさせてくれて、応援してくれる環境があります。

将来は、ジェネラリストとプロフェッショナルの両立を目指しています。そのために、資格取得サポート制度を利用し、研修の費用や会費などのサポートを受け、在宅療養支援認定薬剤師を目指しています。また、自分が先輩に指導してもらったように、後輩の育成に加え、日々進歩していく医療の情報を患者さまや薬剤師に提供できるように学会発表などの活動も積極的に行っていきたいと考えています。

ほかの社員のインタビュー

Learn More

ENTRYエントリーはこちら