社員紹介INTERVIEW

About Nanohana

INTERVIEW

時には調剤室を飛びだし、 幼稚園へ、学校へ。薬剤師が地域に 貢献できる可能性を模索中!

2010年入社 北海道大学卒業

村井 正義 Naonori Murai

学校の多いエリアにあり、クリニックや市民病院に隣接する店舗で薬局長を務めています。患者さまの年齢層は幅広く、それぞれのニーズに合った医療サービスの提供を心がけるとともに、在宅訪問では日頃から多職種との連携や地域との関わりが重要だと考えていました。

そんな折、近隣幼稚園への学校薬剤師の依頼が来ました。地元薬剤師会にサポートしていただき、園内の環境衛生基準検査や医薬品の使用・保管指導、教室の照度測定などの経験をさせていただくうちに、今度は「こども薬剤師体験」の依頼をお受けすることに。

薬剤に似たお菓子を探すなど、すべてが手探りでしたが、薬剤師会や園の先生も快くご協力くださり、イベントは無事に成功!! 地域の皆様に感謝するとともに、薬剤師が地域に貢献できる可能性の広がりを強く感じました。今後もこのような活動を継続し、未来の薬剤師の卵を生むきっかけになれたら嬉しいです。

ほかの社員のインタビュー

Learn More

ENTRYエントリーはこちら