社員紹介INTERVIEW

About Nanohana

INTERVIEW

在宅業務を全店舗に広げ、もっともっとたくさんの患者さまを笑顔にしたい。

2004年入社 北海道薬科大学卒業

土井 真喜 Maki Doi

在宅業務を専門に取り扱う在宅ケアセンターでの勤務を経験。2回の産休・育休を取得し、薬局での勤務へ復帰しました。在宅業務を中心に担当し、緩和薬物療法認定薬剤師を取得。事業統括本部へ異動後は、店舗勤務時代の在宅業務経験を活かし、社内研修会の実施、統一マニュアルの作成、退院時カンファレンス、初回訪問の同行、多職種への講演など、「在宅よろず相談所」のような役割を担っています。

私の最大のミッションは、「全社的な在宅業務の推進とレベルアップ」です。全薬局で質の高い在宅業務を提供できれば、全国の患者さまを笑顔にすることができます。「患者さまが望む場所での療養を支えたい」。薬剤師は薬だけを見るのではなく、患者さまを多角的にみて、行動することが重要だと思います。地域薬局の薬剤師は、医療と介護を繋ぐ潤滑油であり、在宅療養を支える"陰の立役者"でありたいと思っています。

ほかの社員のインタビュー

Learn More

ENTRYエントリーはこちら