なの花薬局についてAbout Nanohana Pharmacy

「病気で不安な気持ちの時に
薬を渡されて帰ってくるだけではなく
薬や病気の不安についてもお話しできたら
どれほど心強くうれしいことか。」

なの花薬局の使命は、地域と、
そこに暮らす皆様を見守り、寄り添うこと。

医療人として、人として、わたしたちは皆様の健康を支え、
そして暮らしや人生に寄り添う地域薬局でありたい。

「病気で不安な 気持ちの時に薬を渡されて 帰ってくるだけではなく 薬や病気の不安に ついてもお話しできたら どれほど心強くうれしいことか。」

なの花薬局の使命は、地域と、 そこに暮らす皆様を見守り、 寄り添うこと。

医療人として、人として、 わたしたちは皆様の健康を支え、 そして暮らしや人生に寄り添う 地域薬局でありたい。

なの花薬局
お薬のことから
在宅医療、
生活習慣まで。
地域の皆様の健康を
トータルで支えます。

医療連携による
きめ細やかなケアの実現

患者さまご自身の意向に沿った適切な薬物治療ができるよう、多職種との連携を積極的に図り、
患者さまが安心して暮らせるようサポートします。

医療安全への
取り組み

患者さまに安心してご来局いただけるよう、
スタッフ間の情報共有を大切にし、
厳しいチェック体制のもと、調剤事故の防止に努めています。

医薬品の取り間違いを未然に防ぐピッキングシステムや、1錠単位まで正確に払い出す全自動薬剤払出機などの活用により、調剤事故防止に努めています。
また、1人1台のタブレットの導入により患者さまに画面を共有しながら説明できるほか、監査後にタブレットの監査システムで二重に確認ができることで安全性を確保。さらに薬歴作成がいつでも可能になることで業務が効率化し、患者さまと向き合う時間の創出につながっています。
処方せんのチェック、薬歴との照合、調剤、鑑査、服薬指導に至るまで、安全かつ正確に、そして患者さま一人ひとりと向き合うケアを心がけています。
プレアボイド
「プレアボイド※」とは、薬剤師がその専門性を活かした結果、副作用などを初期の段階で発見、重篤化を回避するなど、薬学的観点から患者さまの安全に貢献できた事例を集積する活動です。なの花薬局では、安全な薬物療法のために自社で事例を収集、全国の店舗で共有し、啓発活動に取り組んでいます。
※「be prepared to avoid the adverse reactions of drugs」 日本病院薬剤師会では、薬剤師が薬物療法に直接関与し、薬学的患者ケアを実践して患者さまの不利益(副作用、相互作用、治療効果不十分など)などを回避、あるいは軽減した事例を「プレアボイド」と称しています。

未病・予防・
健康サポートへの取り組み

薬だけじゃない薬局を目指して、
地域の皆様が自分自身の健康を維持できるよう様々な取り組み・サポートを積極的に行っています。

情報発信

健康や生活に役立つ情報を独自に企画・編集した広報誌「なたね」、未病・予防と健康増進に役立つ栄養情報やレシピを掲載したオリジナル健康情報誌「からだPLUS」を発行しています。