メッセージ
Message

猪股 永法

多職種と積極的に連携。
一人ひとりにあった投薬指導や提案を。

2018年入社 東北医科薬科大学卒業
猪股 永法Hisanori Inomata

社内外での研修制度が充実しており、認定薬剤師や専門薬剤師の資格取得サポート制度があることに魅力を感じ入社を決めました。さらに、エリア内での転勤を通して様々な処方を経験でき、手当てや補助が充実している広域勤務を選びました。
現在は、患者さまへの服薬指導の他、在宅業務を行っており、一人ひとりの体調の変化や希望に沿って医師への処方提案なども行っているほか、地域の多職種との交流活動も積極的に行っています。特に、患者さまと接する際には、その方の希望を最大限尊重しながら、今の生活で何が大切か、将来どのようになっていたいか等を伺い、それにあった治療方針で投薬指導や提案を行うよう心掛けています。また、薬に否定的な患者さまに対して、傾聴することで治療に積極的になっていただけた経験があり、患者さまの生活の希望を叶えるための医療であることを意識して接することが大切だと思っています。
患者さまからの相談に対し自分の知識で解決でき、心を開いてくださった時にはとてもやりがいを感じ、この仕事をやって良かったと心から思える瞬間です。
今後は、糖尿病療養指導士の資格取得を目指し、生活習慣に関わる知識を深めて患者さまの日常に貢献できる薬剤師になることが目標です。

浮貝 真子

薬剤師が必要とされる地域で貢献したい。
将来はジェネラリストとプロフェッショナルに。

2018年入社 名城大学(愛知県)卒業
浮貝 真子Mako Ukigai

患者さまの治療に継続して関わりたいと思ったことが調剤薬局を選んだ理由でした。特に在宅医療に力を入れているなの花薬局に魅力を感じ、薬剤師が必要とされている地域で貢献したいと思い広域勤務を志望しました。自分の知らない土地だからこそ学ぶことも多く、在宅医療や地域に密着して勤務する先輩薬剤師の下で様々な経験ができることが一番の魅力だと感じています。
主に店舗業務を行っていますが、現在は、他店舗への研修にも行き、自店舗では扱わない薬剤について勉強できています。また、教育委員会のメンバーとなり、研修の内容を検討する会議の出席や講義の補佐を行っています。チャレンジしたいと声を上げた時には何事にもチャレンジさせてくれて、応援してくれる環境があります。
将来は、ジェネラリストとプロフェッショナルの両立を目指しています。そのために、資格取得サポート制度を利用し、研修の費用や会費などのサポートを受け、在宅療養支援認定薬剤師を目指しています。また、自分が先輩に指導してもらったように、後輩の育成に加え、日々進歩していく医療の情報を患者さまや薬剤師に提供できるように学会発表などの活動も積極的に行っていきたいと考えています。

瀧 由梨香

何でもチャレンジできる環境

2019年入社 北海道医療大学卒業
瀧 由梨香Yurika Taki

福利厚生や社内研修がしっかりしており、安心して働けると思い、入社を決めました。また、就職活動時に社員の皆さんがとても優しく対応してくださり、会社の雰囲気が良かったことも決め手となりました。
初めての投薬はとても緊張しましたが、周りの先輩がとても優しく丁寧に教えてくださり、わからないことはすぐ質問できる雰囲気があるので、とても働きやすい環境です。子ども薬剤師体験のイベントや、1年目から在宅も経験でき、何でもチャレンジさせてくれます。プライベートでは、同期や先輩たちと仕事終わりにビアガーデンや食事に行ったりと、職場以外でも楽しく過ごしています。休みもしっかり取らせてくれるので、夏には9連休で沖縄旅行をすることができ、とてもワークバランスが良い職場です。
今後の目標は、早く1人で仕事をこなせるようになり、患者さまや周りの社員からも信頼される薬剤師になること。また、充実した福利厚生を利用して、結婚や出産などのライフイベントも経験しながら長く働いていきたいと思っています。

今井 裕也

店舗と社員のマネジメント

2008年入社 北海道薬科大学(現:北海道科学大学)卒業
今井 裕也Hiroya Imai

入社後、2店舗目で薬局長及び苫小牧エリアの教育担当となり、その後ブロック長を兼任。現在は苫小牧エリアの5店舗を任されています。
ブロック長としての業務は、店舗をラウンドし、各店舗で設定している目標達成に関するアドバイス、シフト調整、各エリアとの情報共有など。店舗・社員のマネジメントでは、常に臨機応変な対応を心掛け、何事にも挑戦することを大切にし、試行錯誤しながらエリア・ブロック・店舗の目標が達成できた時はとてもやりがいを感じます。
個人としては、薬剤師としての専門性を高めるために、日々勉強に励んでいます。私は、生活習慣病として患者数が多い糖尿病を極めるため、糖尿病療養指導士を取得しました。この疾患は、合併症も含め幅広い知識が必要であり、薬学的な観点だけではなく、運動や食事の把握、腎機能・網膜症・神経障害他、自律神経からくる無自覚な症状にも目を配る必要があります。資格を取得したことで、患者さまにより深く関わることができるようになり、コメディカルとのコミュニケーションや臨床研究にも役立っています。
今後は、レベルアップを図るため、当社の資格取得サポート制度を利用し、より専門性の高い糖尿病専門薬剤師の取得を目指すとともに、ブロック長として次世代を育て、なの花薬局ブランドのさらなる向上と、やりがいのある職場環境を作り上げることを目標にしています。

菅 裕亮

臨床とアカデミックの両立。
働きやすい環境と選択できるキャリアプラン。

2015年入社 明治薬科大学卒業
菅 裕亮Yusuke Kan

全国広域勤務を経て、現在勤務しているのは処方箋枚数がグループでも一番多い薬局。患者さまの年齢層の幅も広いため、様々な良い経験をさせてもらっています。 薬剤師として、変わらず心がけてきたのは、常に患者さま目線にたつこと。医療側よりも患者さまの立場で考え、投薬し、その上で、裏付けを科学者としてエビデンスを探すようにしています。そして、常に初心を忘れないことも大切に、後輩へも指導しています。
臨床の現場にいながらもアカデミックを極めるため、現在、大学院に通い、博士号取得をめざす道を選びました。それは、薬局薬剤師も、科学者としての知識をもっと深め、医療従事者として貢献度を高める必要があると考えているからです。勤務形態の融通など、会社もサポートしてくれています。そんな働きやすい社風と環境が、臨床とアカデミック、どちらのスキルアップも可能にしてくれています。

岡松 沙由美

患者さまの声にしっかりと耳を傾ける。
様々な知識を高め、アドバイスができる薬剤師を目指して。

2015年入社 福岡大学卒業
岡松 沙由美Okamatsu sayumi

店舗見学した際に、店舗の雰囲気の良さや給与面、福利厚生にとても魅力を感じたことが入社の決め手でした。皆キビキビと働いている中、休日は職員同士でかけるほどとても仲が良く、会社のイベントごとも多いため、楽しみながらも仕事はしっかりするといったとても良い雰囲気がある職場だと感じています。
最初の配属店舗では、最先端医療を担う総合病院の門前でとても忙しい店舗でしたが、その分薬剤師も多く、先輩薬剤師に教えてもらいながら1年目ながらに色々な経験ができました。その後、小型店舗に配属となり、業務を掛け持つことがある分、責任を持って仕事に臨んでいます。特に、投薬する際は、処方箋だけではなく患者さまの話にしっかり耳を傾けること、患者さまの話から症状の裏にあるものをしっかり見極めることを心掛けています。
今後は、地域のイベント等に積極的に参加するなど、地域住民の患者さまと接する機会を増やしたいと思っています。また、スポーツファーマシストなどの資格取得にも挑戦するなど、様々な知識を高め、少しでも患者さま・ご家族の方にアドバイスができる薬剤師を目指していきたいです。

16

患者さまのために、最善の判断と行動を。
後輩の目標となる薬剤師を目指しています。

2015年入社 星薬科大学卒業
早川 晃央HAYAKAWA AKIO

両親が薬剤師で昔ながらの町の薬局を経営。親の背中を見て育ち、自然と薬剤師を目指していました。薬局薬剤師を選んだ理由は、人と接することが好きで、より患者さまに深く関わることができる「地域薬局」で働きたかったためです。
現在勤務している店舗は在宅に力を入れており、施設と個人宅で私は癌末期の方中心に5件担当しています。外来ではあまり踏み込んだ質問ができないこともありますが、在宅はプライベートの空間で20~30分程滞在し、じっくり深い話をすることができる分、患者さまに寄り添うことができ、とてもやりがいを感じています。
以前、臨時で担当した在宅の患者さまの処方薬の在庫がなく、周辺のあらゆる薬局に連絡をし、ようやく在庫がある店舗を見つけ、届けに行ったことがありました。在宅の患者さまは急変することがあり、瞬時に判断して行動することが大切です。患者さまとコミュニケーションが取れていても、陰に潜んでいるものもある。些細な変化や疑問をくみ取って判断することがとても大切だと実感しています。そのためには、薬の知識だけではなく、広い知識が必要です。患者さまに寄り添える薬剤師として、さらに将来は後輩の育成にも力を入れ、目標とされる薬剤師を目指していきたいです。

長田 哲治

バンドと家族と薬局長と。
仕事とプライベートの好バランスは、
互いを尊重しあう環境があってこそ。

2004年入社 昭和薬科大学卒業
長田 哲治Tetsuharu OSADA

プライベートの充実無くして、
仕事での良いパフォーマンスはない。
私が薬局長を務める店舗は、外来の患者さま以外にもご自宅や施設で療養中の方の在宅訪問、透析が必要な患者さまの調剤など、多種かつ複雑な業務が多く、店舗内での情報共有がとても大切です。私は管理者として、皆がコミュニケーションを密に取り、情報をオープンにしやすい環境づくりを心がけています。
モチベーションを支えているのは、仕事とプライベートとのバランス。店舗内の薬剤師やスタッフは、バレエ・旅行・ジム通いなど趣味を持っている人が多いです。私も、プライベートの充実無くして仕事で良いパフォーマンスが出せるとは考えていませんので、シフトの希望や変更願いは、ほぼ100%叶えるように努めています。
私自身も仕事に趣味に没頭中。
尊重しあう気持ちが強い結束力に。
日頃から互いを尊重する姿勢を大切にするからこそ、急なシフト変更があっても「後は任せて行って来い!」と快くフォローでき、結束力も高まっているのだと思います。調剤や在宅業務が立て込んだ時にその結束力が発揮され、“阿吽の呼吸”で業務を成し遂げた時はやりがいを感じます。
ちなみに私は、趣味でバンド活動をしています。スタジオでの練習は週1~2回、ライブも月1~2回のペースで頑張っています。好きな仕事に没頭し、スタジオで夢中になり、練習がない日は娘と遊んで、寝かしつけた後に書斎で勉強、そして音楽鑑賞。休日はライブに、家族で動物園。1日24時間では足りないくらい充実しています。

松木 史

日進月歩の医療の世界。 出産後も安心して復職できる環境は、 薬剤師のキャリアにも大きなプラスです。

2009年入社 徳島文理大学卒業
松木 史Fumi MATSUKI

元々は病院薬剤師でしたが、結婚を機に退職。夫の仕事の都合で3年間アメリカ・ボストンで暮らし、帰国後に当社に入社しました。最初の配属店舗の時に妊娠・出産。 産前産後休暇・育児休暇を取得後、現在は、育児短時間勤務制度を活用して復職しています。子どもの入院で急に休まなければならなかった時、周囲が快くフォローしてくれるだけでなく、子どものことまで心配してくれるなど、日々感謝が尽きません。また、なの花薬局は店舗数が多いので他店からの応援もあり、会社全体で対応してもらえる働きやすい環境です。こうした会社の制度を活用し、働きながら社会に貢献することが大切だと感じています。医療の世界は日進月歩。ボストンにいた間に医療のガイドラインが大きく変わり、3年間のブランクを痛感しましたが、安心して復職できる環境は、薬剤師のキャリアにも大きなプラスだと思います。

大平 航也

地域に飛び込み、地域に溶け込む。 さまざまな地域での業務経験が、 自分を成長させてくれる原動力です。

2013年入社 金沢大学卒業
大平 航也Koya ODAIRA

全国展開だからこそ、それぞれの地域に根ざした、調剤薬局の在り方が学べる。
青森県出身の私は、大学進学で石川県金沢市へ。地域文化の違いを経験している私は就職を決める際、全国展開しているなの花薬局なら、地域に根ざした調剤薬局の業務を学べる環境があると考え、入社を決めました。これまでエリアを越えて働く機会があり、地域によって異なる生活スタイルを経験したことが、自分の成長につながっています。見ず知らずの土地でのコミュニケーションは当初困惑することもありますが、業務の連携がうまくいったり、患者さまと気持ちが通じ合えた時は、やりがいを感じます。
在宅訪問を通じて感じる、 多職種連携とコミュニティの重要性。
現在の店舗では在宅訪問業務も担当しています。患者さまの生活環境の中で直接お話しすることも勉強になります。最初は方言が分からず戸惑ったこともありましたが、今はもう大丈夫です。さまざまな地域で経験を重ねることで、地域コミュニティや多職種連携の重要性についても考える機会が増えました。また、どの土地へ行っても同期がおり、困った時にいつでも相談にのってもらえる仲間がいることは、一生の宝物です。同期との思い出といえば、2年目の集合研修で、突然、誕生日を祝ってもらえたことが本当に嬉しく忘れられませんね。

村井 正義

時には調剤室を飛びだし、 幼稚園へ、学校へ。薬剤師が地域に 貢献できる可能性を模索中!

2010年入社 北海道大学卒業
村井 正義Naonori Murai

学校の多いエリアにあり、クリニックや市民病院に隣接する店舗で薬局長を務めています。患者さまの年齢層は幅広く、それぞれのニーズに合った医療サービスの提供を心がけるとともに、在宅訪問では日頃から多職種との連携や地域との関わりが重要だと考えていました。 そんな折、近隣幼稚園への学校薬剤師の依頼が来ました。地元薬剤師会にサポートしていただき、園内の環境衛生基準検査や医薬品の使用・保管指導、教室の照度測定などの経験をさせていただくうちに、今度は「こども薬剤師体験」の依頼をお受けすることに。薬剤に似たお菓子を探すなど、すべてが手探りでしたが、薬剤師会や園の先生も快くご協力くださり、イベントは無事に成功!! 地域の皆様に感謝するとともに、薬剤師が地域に貢献できる可能性の広がりを強く感じました。今後もこのような活動を継続し、未来の薬剤師の卵を生むきっかけになれたら嬉しいです。

久保寺 光徳

知識や事例を共有できる 所属エリアの委員会活動。 私の挑戦意欲を応援してくれる環境です。

2007年入社 北海道薬科大学(現:北海道科学大学)卒業
久保寺 光徳Mitsunori KUBODERA

お子様から在宅の患者さままで、 幅広い知識が必要となる現場。
患者さまと接する機会が少なかったドラッグストア勤務時代。私は神奈川県出身ですが大学が北海道だったこともあり、なの花薬局が「地域薬局」として全国展開していることを先輩から聞いて志望しました。現在は地元神奈川で、小児科・内科の処方せんを中心に応需する店舗に勤務しています。お子様の場合、お薬と一緒に飲ませて良い飲料や食品、スムーズな飲ませ方などの幅広い知識が必要となり、やりがいを感じています。また、在宅訪問では、往診担当医師から処方薬の提案について回答したところ採用になり、次の往診時に患者さまの症状が改善していた時は、薬物治療に貢献できたと感じ嬉しかったです。
自分なりのアイデアで委員会活動。 薬剤師間の交流や知識向上に一役。
現在、所属エリアの「委員会活動」に参加しています。私はDI(ドラッグインフォメーション)という、薬剤師の知識向上を図る分野を担当。具体的には、薬剤師の社内用携帯電話に週2回、「疾患別のお薬○×問題」を配信しています。これは空き時間を利用して手軽にトライできるよう委員会メンバーで考案したのですが、社内から良い反響をもらっています。また、散剤の「味のリスト」を1ヵ月半ほど費やし作成したことも。お薬の味は製薬会社から提示されない場合も多く、直接問合せたりしました。結果、服薬指導に役立ったと言ってもらえた時は感無量! 何でも挑戦しようとする意思を応援してくれる社内環境のおかげです。

工藤 剛裕

それぞれの地域で求められるスキルが違う。 経験値と頼れる先輩が増えていく充実の日々。

2010年入社 北海道医療大学卒業
工藤 剛裕Takehiro KUDO

地域が変われば、ニーズも変わる。 様々な店舗経験が自分の成長に。
「あの人がいるから薬局に行くのが楽しみ」、そう思っていただける薬剤師が目標です。何でも話せて頼りがいのある薬剤師になるには幅広い経験を積むことが大切だと思い、単科、総合、在宅、医療モールなどさまざまな店舗形態を持つ当社を選びました。在宅訪問の拠点としての機能がある店舗に薬局長として勤務した後、現在は医療モール型の店舗を任されています。私はこれまでお手伝いを含め40ヶ所以上の店舗を経験させてもらい、それが自分の成長につながっています。また、先輩との交流も増え、色々な話を聞くことができるので大変勉強になりますし、一緒に食事やキャンプに行くなどプライベートも充実しています。
患者さまから得た多くの情報を、 研究や学会発表に生かして。
「地域薬局」のなの花薬局なら、患者さまと末永いお付き合いが可能です。病院のようにカルテを見ることが出来ない代わりに、患者さまから多くの情報を直接得ることができる。そうしたコミュニケーションの中から症状の変化や患者さまの求めていることにいち早く気付けることもあります。そのような経験と情報を蓄積し、私は、糖尿病治療薬についての学会発表も行いました。研修制度も充実していますし、会社は学会発表にも積極的です。店舗勤務しながら学び続けられる環境が整っています。

富永 久美子

患者さまに寄り添い 一緒に治療に臨むことで、 より大きなやりがいを得られます。

2002年入社 昭和大学卒業
富永 久美子Kumiko TOMINAGA

多職種との関わりが多く、 薬剤師として役に立てることを実感。
私が薬局長を務める店舗では、有料老人ホームやグループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの施設から居宅まで、さまざまな患者さまを対象に在宅訪問を行っています。それぞれの現場で薬剤師に要求される業務や知識は異なり、大変ですが勉強になります。多職種の方々との接点も多く、その中で薬剤師として役に立てると嬉しく感じます。また、患者さまの「生活」と密接に関わるというのは病院勤務とも異なる点。患者さまに寄り添い一緒に治療に臨むことで、より大きなやりがいを得られます。
在宅訪問に関するノウハウを グループ内で共有・蓄積。
なの花薬局では在宅訪問に関する情報交換・ノウハウの共有が全国規模で成されているのが強みです。地域薬局として今後ますますニーズが高まる在宅訪問への取組みをもっと広げていくために、人材の育成にもより一層尽力していきたいと思っています。在宅訪問はただの「薬の配達屋さん」ではありません。「私ならこうしてあげたい」と相手を思いやる気持ちが大切。私は患者さまやご家族と接する際、抱えていらっしゃる問題点の把握と改善が1つ以上できるよう心がけています。

佐藤 徳亮

地域の皆様に頼られる 薬局を目指し、在宅訪問の 認知向上に奔走中。

2010年入社 北陸大学卒業
佐藤 徳亮Noriyoshi SATO

調剤併設のドラッグストアで勤務したのち、当社に入社しました。以前より在宅訪問に興味があり、入社4ヶ月目で有料老人ホームなどの在宅業務を担当し、社内の在宅委員会活動も経験しました。 現在、薬局長を務める店舗では、店舗運営や調剤業務の傍ら、在宅実務担当者として活動しています。在宅業務は多職種との連携が不可欠。介護支援事務所や地域包括支援センターを訪問したり、ケアマネジャーの会合に出席し、周知に取り組んでいます。最近、在宅訪問を始める患者さまの奥様から「こんなサービスがあったんだ、こんなにしてくれるなら助かるわ、ありがとう」と言っていただけたことが印象的です。患者さまに喜んでもらえることに何よりもやりがいを感じます。また、店舗では皆が働きやすいチーム作りを念頭におき、信頼される「地域薬局」を目指しています。