エントリーはこちら

研修制度
Training

薬剤師としての成長を後押しする研修制度

知識や専門性はもちろん教養、
人格においても「薬剤師品質」を高め、
患者さまや地域の幸せに貢献できる
プロフェッショナルを育成します。

新人が3年間で一人前になるまでのステップ



新人研修

【入社直後から2週間】

北海道札幌市の温泉地にある自社研修施設にて、宿泊型研修を実施。社会人・医療人としての心得やコミュニケーションスキルを身につけ、薬剤師としての第一歩を踏み出す準備を整えます。全国にいる同期入社の新人同士、絆を深める絶好の機会でもあります。

2017年度の実施プログラム(抜粋)
1~5日目

●基礎接遇(ビジネスマナー・社会人としての心構え)

●ベーシックコミュニケーション

●メイク講座

●救命救急(講義&実技)

●保険薬局を取り巻く環境

●調剤報酬の確認

●添付文書の読み方

●在宅医療と介護保険 など

6日目 休日
7~9日目

●処方せん監査

●症例検討

●DIテスト

●OTC研修 など

10日目 休日
11~14日目

●特別養護老人ホーム訪問

●調剤手順の確認

●患者応対ロールプレイ

●物流センター見学

●研修総括 など

OJT研修

【店舗配属から3ヶ月間】

OJTとはOn-the-Job Trainingの略。日々の業務を通じ、新人の理解度に合わせて成長をサポートします。指導薬剤師がマンツーマンで新人を指導。困ったときすぐに質問や相談ができるのも安心して働くことができるポイントです。2年目以降は自身が指導薬剤師となり後輩を指導。教える立場になることが、さらなる成長につながります。

新人教育共通プログラム

【店舗配属から2年間で10回】

CKD・糖尿病などの疾患に対しての知識を学び、服薬指導・薬歴記載などのスキルアップを目指します。

個人面談

【OJT研修中に1回】

OJT研修の進捗確認に加え、職場の人間関係や業務などに関してのフォローと心のサポートを目的として、人事部による面談を行っています。

フォローアップ研修

新人研修と同じ施設で行う2泊3日の研修。これまでに学んできた知識の定着を図るのはもちろん、すぐに実務に活用できる内容も充実しています。

実施例:入社2年目10月
1日目

●CKD~栄養指導について~

2日目

●コンプライアンス

●調剤事故対応

●フォローアップテスト

●ヨガエクササイズ

●財務諸表の読み方

3日目

●新人指導の進め方

●研修総括

さらなるステップへ

同期と共に楽しく学んだことが、
薬局長となった今も生きています。

入社6年目で現在は薬局長を務めていますが、研修内容を実際に現場で思い出すことがよくあります。入社したての頃は目の前の業務に必死でしたが、研修での学びを通じ徐々に店舗運営全体を意識して仕事に取り組むようになりました。また、研修で同期と話していると「もっと頑張らないと」と刺激・励みになったのを今でも覚えています。

田中 佑樹

なの花薬局 神戸住吉店
2012年入社 神戸薬科大学卒業

新人からベテランまでが対象の
「スキルアップ研修」

本部、全国の運営会社各社が
多彩なカリキュラムを用意。
専門的な知識・技能から現場に即応するスキルまで
幅広く磨くことができます。
また「研修認定薬剤師」の単位を取得できる研修会
も全国で多数開催しています。



成長のチャンスを様々な角度から提供

  • 学術発表
    日頃の研究成果を発表・共有する「学会」「研究会」への参加も積極的。専門性を磨き続けています。
  • 病院研修
    地域医療へのさらなる貢献のため、病院薬剤師研修を通じて、薬剤師としての経験と知見を広げることを目的として実施しています。
  • eラーニング
    全国各地に運営会社がある当社ですが、eラーニングの積極的な活用により、どのエリアにいても研修が受けられる環境が整っています。

【資格取得サポート】

研修認定薬剤師

メディカルシステムネットワークグループでは、全国で年間430回以上社内研修を開催しています。
この研修のほとんどが、かかりつけ薬剤師になるための要件でもある「研修認定薬剤師」に必要な単位を取得できる社内研修会となっています。また、教育研修の充実策として、特定非営利活動法人 医薬教育研究所が運営する※「メディカルナレッジ」を導入し、研修認定薬剤師の取得に向けてのサポートをしています。

※メディカルナレッジ:薬剤師の生涯学習に寄与するeラーニングプログラムで、eラーニングの受講により、研修認定薬剤師の単位が取得できます。当社ではこのeラーニングの受講料を全額補助する制度を実施しています。

PP(プロフェッショナルファーマシスト)制度

2年目以上の薬剤師を対象として、資格取得を通じ、臨床・教育・研究の専門性を高めることができます。

※詳細は、「選べるキャリア」参照

PP制度を利用する職員は、資格取得にかかる費用や学会参加費、旅費・宿泊費などのサポートを受けることができます。また、資格取得後、その資格を活かして会社が求める役割を果たすことを条件とし、月額手当を支給しています。

※プライマリ・ケア認定薬剤師、在宅療養支援認定薬剤師、外来癌治療認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師 など