臨床研究の
取り組み
Training

臨床研究の取り組み

薬物療法の専門家として知識をより一層高め、医療技術の高度化・複雑化に対応できる薬剤師を目指し、臨床研究を積極的に行っています。

なの花フォーラム

グループ全社が一同に会する研究発表の場を設け、研究の重要性の理解、研究手法の習得、社員間の研究共有、医療の質向上や業務改善を目的に開催。日頃の研究成果を発表し、学会・学術発表に繋げる第一歩として、年1回開催しています。



なの花アカデミー

臨床研究セミナー

医療者による質の高い臨床研究を推進し、次世代の人材育成を目指して開催されている主催団体に協賛し、臨床研究経験豊富な教授・医師等の講義や、多職種とのワークショップ等を通じて、臨床研究の基本を身につけ、実践できる薬剤師を目指して積極的に参加しています。

学会・学術発表

2018年度 学術発表一覧(一部抜粋)

優秀賞受賞(株)メディカルシステムネットワーク 薬局事業本部 土井真喜

学会名 演題 発表形式
第23回日本緩和医療学会学術大会 オピオイド注射薬の持続投与が必要な在宅療養患者の夜間・休日の薬物供給システムの検討 第3報 クリーンベンチを所有している札幌市内の保険薬局に対するインタビュー調査 ポスター発表
第61回糖尿病学会年次学術集会 薬局薬剤師による糖尿病薬の残薬調査と課題 口頭発表
日本在宅医学会 第20回記念大会 オピオイド注射薬の持続投与が必要な在宅療養患者の夜間・休日の薬物供給システムの検討 第2報~夜間・休日のオピオイド注射薬供給連携システムの構築と運用 口頭発表
     
(株)メディカルシステムネットワーク 薬局事業本部 土井真喜
第2回日本老年薬学会学術大会 薬剤師の在宅医療へ参画による被介護者及びへの効果 ポスター発表