DIARY

DIARY日々のたね

鮭のとろ~り蒸し

胃にやさしい 2018年09月14日

鮭のとろ~り蒸し

豆乳と卵をゆっくり加熱することで、とろりと滑らかな食感になります。また、オーブントースターや電子レンジで調理でき簡単に作ることもできます。長いもは漢方薬としても用いられており、消化促進作用があります。さらに、ゆずの皮やポン酢で香りをだすと、食欲を沸きたててくれるでしょう。

ひとり分あたりの栄養価

ひとり分
あたりの
栄養価
エネルギー 塩分 たんぱく質 脂質 炭水化物
213kcal 1.2g 23.9g 8.5g 8.2g

材料(2人分)

1切(100g)
<A>
鶏もも肉
40g
豆乳
250mL
長いも
40g
1個
チンゲン菜
中2枚
中華だしの素
小さじ1
ゆずの皮
適量
ポン酢(お好みで)
小さじ2

作り方

  1. 鮭はオーブントースターで焼いて骨をとり、軽く身をほぐします。
  2. 鶏もも肉は皮と脂身をとり除き、一口大に切って、オーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。
  3. 長いもは皮をむき一口大に切り、チンゲン菜も食べやすい大きさに切ります。
  4. <A>をよく混ぜて人数分の耐熱容器に入れ、①~③の具を入れラップをします。
  5. 電子レンジの弱(200W)で15~20分ゆっくり加熱します。固まっていないようであれば、少し時間を延ばして様子をみてください。
  6. ゆずの皮をのせ、お好みでポン酢をかけて、できあがり。

※「塩分」は「食塩相当量」をあらわしています。

PDFレシピをダウンロード

一覧に戻る

関連記事