DIARY

DIARY日々のたね

春菊とツナの煮びたし

食物繊維をとるなら! 2018年05月23日

春菊とツナの煮びたし

春菊はビタミンや食物繊維が豊富で、皮膚や粘膜を守る作用もあります。独特の香りの成分には、胃腸の健康を保つ働きもあります。 春菊の葉はゆですぎると苦味が増しますので、さっとゆでるようにしましょう。また、ツナなどで和えることにより、食べやすくなります。

ひとり分あたりの栄養価

ひとり分
あたりの
栄養価
エネルギー 塩分 食物繊維 たんぱく質 炭水化物
86kcal 0.7g 3.3g 6.1g 7.0g

材料(2人分)

春菊
140g
だし汁
80mL
えのき茸
1/2袋
<A>
にんじん
20g
しょうゆ
大さじ1/2
ツナフレーク
40g
砂糖
小さじ1/2
みりん
小さじ1

作り方

  1. 春菊の茎は3cm、葉は5cmほどの長さに切り、別々に分けておきます。
  2. 沸騰した湯に春菊の茎を入れ30秒ほどゆでます。時間差で葉を加え10秒ほどゆで、冷水にとり絞ります。
  3. えのき茸は、石づきを切り落とし3等分に切り、にんじんは皮をむき、千切りにします。
  4. 鍋にだし汁と<A>の調味料を加え、③の材料を入れ火が通ったら、②の春菊、ツナフレークを加えてできあがり。

※「塩分」は「食塩相当量」をあらわしています。

PDFレシピをダウンロード

一覧に戻る

関連記事