DIARY

DIARY日々のたね

牛すじコンニャク~関西風~

食物繊維をとるなら! 2019年08月09日

牛すじコンニャク~関西風~

食物繊維の豊富なごぼうとこんにゃくを使った一品です。こんにゃくは、手でちぎることで味が浸み込みやすくなります。1日置くとさらに味がしみて、おいしくなります。お好みで、一味唐辛子やからしをつけてお召し上がりください。

ひとり分あたりの栄養価

ひとり分
あたりの
栄養価
エネルギー 塩分 食物繊維 たんぱく質 脂質
207kcal 1.5g 5.4g 14.2g 4.5g

材料(2人分)

牛すじ(下処理済み)
80g
<A 調味料>
ごぼう
1/2本
A みりん
大さじ1
50mL
A 砂糖
大さじ1
だし汁(かつお)
200mL
A 濃口しょうゆ
大さじ1/2
こんにゃく(板)
2/3枚
A 赤味噌
大さじ1/2
長ねぎ
1本
一味唐辛子
少々
小さじ1
からし
少々

作り方

  1. ごぼうはタワシでこすって泥を落とし、3cmの長さに切ります。太い部分は縦に半分に切り、太さを揃えます。
  2. 深めの鍋に下処理された牛すじ、ごぼう、酒を入れ、食材が浸かるまで水(分量外)を入れ、15~20分ほど煮込みます。アクがでた時は、丁寧にすくい取ります。
  3. こんにゃくは一口大に手でちぎり、熱湯でさっと茹でこぼしてアクをとります。
  4. 長ねぎは青い部分は小口切りにして取り分けておきます。白い部分は3cmの長さに切って油をひいたフライパンで表面に焦げ目がつくまで焼きます。
  5. 鍋にこんにゃくとAの調味料を入れ、10分煮込みます。
  6. ⑤に長ねぎの白い部分を入れ、さらに2~3分煮込みます。
  7. お皿に盛り付け、長ねぎの青い部分と一味唐辛子をちらし、からしを添えてできあがり。

※「塩分」は「食塩相当量」をあらわしています。

PDFレシピをダウンロード

一覧に戻る

関連記事