DIARY

DIARY日々のたね

小松菜と干しエビのふりかけ

カルシウムをとるなら! 2020年06月08日

小松菜と干しエビのふりかけ

カルシウムの多い小松菜と干しエビを、手軽に食べられるふりかけにしました。しょうがを梅干に変えると、お子様でも食べやすい味付けになります。ご飯にのせる他に、おにぎりやお茶漬けの具にしても、おいしく召し上がれます。

ひとり分あたりの栄養価

ひとり分
あたりの
栄養価
エネルギー 塩分 カルシウム たんぱく質 脂質
16kcal 0.3g 130 1.6g 0.6g

材料(8人分)

小松菜
1袋(200g)
ごま油
小さじ1
干しエビ
10g
しょうゆ
小さじ1
ちりめんじゃこ
20g
みりん
小さじ1
しょうが
1かけ

作り方

  1. 小松菜は根元を切り落として1cm幅に細かく刻み、しょうがはみじん切りにします。
  2. フライパンにごま油を入れて熱し、小松菜を入れ、しんなりするまでよく炒めます。
  3. 小松菜をフライパンの外側に寄せて中央をあけて強火にし、空いた部分にしょうゆとみりんを加えます。 水分を飛ばすように、すばやく具と混ぜ合わせていきます。
  4. 中火にして、干しエビ、ちりめんじゃこ、しょうがを加えて和え、火を止めたらできあがり。 すぐに食べきらない時は、冷めてから保存容器に移します。

※「塩分」は「食塩相当量」をあらわしています。

PDFレシピをダウンロード

一覧に戻る

関連記事