DIARY

DIARY日々のたね

小松菜と高野豆腐の柳川風

カルシウムをとるなら! 2015年07月03日

小松菜と高野豆腐の柳川風

カルシウムの豊富な高野豆腐と小松菜を使った一品です。春菊は、手でちぎることで香り・風味が増します。お好みで七味唐辛子をかけてもよいでしょう。

ひとり分あたりの栄養価

ひとり分
あたりの
栄養価
エネルギー 塩分 カルシウム たんぱく質 脂質
257kcal 1.8g 281mg 21.7g 11.9g

材料(2人分)

高野豆腐
1個半(30g)
小松菜
1/2束(160g)
春菊
2本(40g)
ごぼう(ささがき)
50g
豚もも肉薄切り
50g
2個
七味唐辛子
お好みで
A-だし汁
100mL
A-みりん
大さじ1
A-しょう油
大さじ1
A-砂糖
小さじ1

作り方

  1. 高野豆腐は水で戻し、1枚を細長く8等分します。豚肉は一口大に切ります。春菊は手でちぎって5cm程度の長さにします。
  2. 熱湯に塩(分量外)を入れ、小松菜を軽くゆでます。冷水にさらして水気を切り、5cmの長さに切ります。
  3. 浅い鍋に<A>の調味料を入れて軽く混ぜ、ごぼう、豚肉を加えて強火で加熱します。
  4. 豚肉に火が通ったら、小松菜、高野豆腐、春菊の順に入れます。
  5. 軽く溶いた卵を流し入れ、ふたをして弱火で4~5分煮込みます。

【錦渓 小川料理長とのコラボレシピです】

※「塩分」は「食塩相当量」をあらわしています。

PDFレシピをダウンロード

一覧に戻る

関連記事