ABOUT

ABOUTなの花薬局について

調剤の流れ

患者さま一人ひとりの安全のために。
調剤過誤をゼロにするためのシステムのもと、
迅速かつ正確な調剤を行っています。

調剤の流れ安全で確実な調剤、
そして、患者さまの視点に立ったケアを。

  1. 1処方せんの受け取り

    患者さまから処方せんと、
    おくすり手帳をお預かりします。

    初めて来局される患者さまには、
    「質問表」へご記入をお願いしております。

  2. 2処方せんの確認

    調剤の前に処方せんの内容と薬歴を確認します。
    内容によっては処方医に問い合わせをする場合があります。

    安全にお薬を服用していただくために、
    以下の内容を確認しています

    1. 体質・アレルギーの副作用歴
    2. 患者さまやそのご家族さまからの相談事項
    3. 服薬状況・残薬状況・服用中のお薬による体調変化
    4. 併用薬情報
    5. 合併症や既往歴
    6. 他科受診について
    7. 副作用の発現
    8. 飲食物の摂取状況
    9. 後発医薬品への変更に対する意向
  3. 3処方せんの内容入力

    処方せんの内容に基づき、レセプト用コンピュータに入力します。

  4. 4お薬の準備

    入力情報に基づき、調剤前にバーコード照合を行い、調剤過誤を防止します。

    • 錠剤の場合

      処方せんに基づき、お薬を揃えます。

    • 粉薬の場合

      処方せんに基づき、粉薬を計って分包します。

    • 一包化※の場合

      医師の指示のもと、複数種のお薬を1回分毎にまとめます。

    • 外用薬の場合

      処方せんに基づき、軟膏やクリームなどを混ぜ合わせます。

    お薬が揃ったら、再度バーコード照合を行い、調剤過誤を防止します。

    ※一包化・・・異なる2種類以上の薬を飲む場合や、飲むタイミング
    (朝・昼・夜)毎に薬を1回分ずつ一袋にまとめる作業のこと

  5. 5確認作業

    患者さまにお渡しするお薬に
    間違いがないか、確認します。

    調剤した薬剤師とは別の薬剤師が担当し、
    調剤エラーを防いでいます。

  6. 6お渡し

    患者さまにお薬をお渡しします。

    お薬を効果的かつ安全に服用していただくために、いくつか質問をしたり、ご説明をしながらお渡しします。

  7. 7記録

    患者さまをお見送りした後も、薬剤師の仕事は終わっていません。薬歴と呼ばれる患者さまのお薬処方歴に、最新のご説明内容・質問などを電子薬歴を用いて記録します。
    次回ご来局の際には、副作用の確認を行いながら、薬歴を参照して適正な調剤を行っています。